洗濯乾燥機は縦型とドラム式どっちがおすすめ?縦型は乾くのに時間がかかる?

洗濯機の買い替えで悩んでいる人は、縦型にするかドラム式にするか考えますよね。特に今まで縦型を使っていた人はそうだと思います。ドラム式だと乾燥機付きが多いですからね。でも、結局スペースの問題から縦型でないと無理ということに(我が家がそうでした)。ドラム式と比較してもスペックが負けない縦型のおすすめ乾燥機付き洗濯機を紹介します。

洗濯乾燥機は縦型とドラム式どっちがいいの?

昨年、8年使った縦型洗濯機の汚れ落ちが悪くなってきました。
毎月、洗濯槽洗剤で除菌しても黒カビが落ちず、多分相当汚いんだろうなぁ・・・と思い、洗濯機の買い替えを検討していました。

そこで友人から、「ドラム式の乾燥機付き洗濯機に変えて大正解だったよ〜」と言われました。
友人は冬場、部屋干しはせずに全て乾燥機で乾かしていると言っていました。
子供が小さいと保育園での着替えやお昼寝布団のシーツの洗濯など、急ぎで洗濯するものが沢山あって、翌日使いたいからというのが理由だそうです。
それは確かにとても便利そうだけど、電気代も跳ね上がるのでは?と思いましたが、そうでもないとのこと。
電気代もそれほど変わらずに、家事の時短が出来るなんて、なんて素晴らしいんだ!!と感動してドラム式で検討することにしました。

ドラム式洗濯機のスペース確保の壁

洗濯機をドラム式で検討し始めた時に、まず我が家がぶつかった壁は、スペースの確保の問題でした。
洗面所に洗濯機を置きたいものの、洗濯機の奥行は70cm未満でないと配置できません。
ドラム式洗濯機で70cm未満だと、なんと一択!パナソニックしかなかったのです!

ドラム式洗濯機の価格の壁

見事にドラム式はどれもこれもわが家の洗面所にはサイズが大き過ぎました。
唯一、パナソニックのななめドラム洗濯乾燥機「Cuble」は、スッキリしたデザインで奥行60〜66.5cm。

乾燥は5kgまで可能で、洗濯から乾燥まで195分
洗濯から乾燥まで約1,980Wh一回の電気代は54円というから、意外と安い気がします。
水の使用量は78L。
ドラム式なのに場所を取らず、圧迫感もないのが良いですよね。
ただ、お値段が可愛くない(笑)

ネット価格で、26〜28万です。
私は家電量販店で価格調査しましたが、2018年11月で33〜35万が相場でした。
高すぎます。
やっぱりドラム式は価格が高いです。

ドラム式乾燥機付き洗濯機、諦めました(笑)

洗濯乾燥機で縦型のおすすめは?

そこで一転、縦型の洗濯機で乾燥機付きはないものか探しました。

縦型洗濯機のメリットとして
・汚れ落ちがいい
・場所を取らない
・価格がドラム式より安い

逆に縦型乾燥機付き洗濯機のデメリットとして
・乾燥機能がドラム式より乾きにくい
・ドラム式より水道代がかかる

最近ではドラム式も汚れ落ちが良くなってきているので、ほとんど性能としては変わらないと言われていますが、実家でドラム式洗濯機を使っている様子を聞くと、やはり縦型の方が落ちる感じがします。

縦型の乾燥機付き洗濯機を比較検討してみて、一番スペック的にドラム式洗濯機に負けないのが日立の「ビートウォッシュ」でした。
乾燥は5.5kgまで可能で、洗濯から乾燥まで185分
洗濯から乾燥まで約1,980Whでこちらも一回の電気代が54円です。
水の使用量は約125Lとちょっと多めですね。
だけど、乾燥機能が500g多いことと、終了時間がこちらの方が短い点がポイントだと思います。

結果、わが家の洗濯機の買い替えは、ビートウォッシュBW-DV100Cに決定しました!
高額家電の買い物ってドキドキしますね!!お値段もドラム式より10万円以上お安く買えました(^^)

洗濯乾燥機の縦型タイプは乾くまで時間がかかる?

縦型の洗濯乾燥機だと乾くまでにかなりの時間がかかるのではないか。
そんな不安がありました。
しかし、実際に使ってみると意外と早く乾く!!
例えば、ダブルサイズベッドの厚手ボアシーツが乾くまで100分。
毛布1枚乾くまで120分。

冬場でも休みの日にまとめて洗って、乾燥機にかけられます。

我が家は、寝具などの大物を洗濯したときに使用するので、頻度で言うと週1回乾燥機使用していますが
電気代は変わってないですね。

今まで、コインランドリーに走っていたので、子供がおねしょした時などは本当に便利です。
しかも、洗濯終了も早く、30分で終わるので、忙しい朝にとても助かります。
もちろんナイアガラ洗浄で汚れ落ちも良かったです。

洗濯乾燥機は縦型とドラム式どっちがいいの?まとめ

お店の人に伺ったところ、洗濯機の寿命は7年だそうです。
我が家は8年ですから、とっくに寿命が過ぎていましたね(~_~;)
洗濯乾燥機を検討している人には、縦型でも十分乾くよ!と強くお伝えしたいです。
是非、検討しているときの参考にしてみてくださいね。
あと、購入の際はリサイクル料金や撤去費を考えてもネットの方が断然お得です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする