お歳暮のハムは迷惑?美味しい食べ方と贈ると喜ばれる人気商品を紹介!



お歳暮でハムを贈るのは最も定番と言ってもいいのではないでしょうか?
でも、ここ数年では貰って迷惑な物にランキングされることもあります(~_~;)
理由としては、お歳暮のハムは分厚くて開封もしづらく、使い道がよくわからないと言う人が多いみたいです。

そこで実は幅広く使えるハムの美味しい食べ方紹介します。
貰った人が必ず喜んでくれる美味しいと評判のハムも必見です!

お歳暮のハムは貰ったら迷惑?

たこ糸で縛られたお歳暮のハム。

真空パックになっていて開封が面倒。
たこ糸を外す手間がある。
塊なのでスライスするのが大変。
そのまま食べる以外に活用方法がわからない。

そんな風に思う人も多いみたいですね。
さらに、テレビCMの効果もあり、ハムを多く贈る人が多く、沢山貰って家に沢山余ってしまう、と言う人も。

実際、ハムをお歳暮贈るのは迷惑なのでしょうか?

いえいえ、そんなことありませんよ。
高級ハムならではの旨みと食感があり、美味しい食べ方さえ分かっていれば、贈答用として購入してもとても喜ばれるものです。
幅広く使える、お歳暮のハムの食べ方、ご紹介します。

お歳暮のハムの美味しい食べ方

お歳暮のハムは厚みを活かして食べるのがポイントです。
分厚く切って、ハムステーキハムカツにするのは定番ですね。
他にも、角切りにしてポトフおでんに入れても良い出汁が出ますよ。
もっと小さい角切りにして、チャーハンにするのも美味しいです。

チャーシューの塊は、細切りにして中華サラダにしてもいいですし、素麺に薬味などと一緒に細かく切って入れて食べてもまた美味しいです。
他にも参考になるレシピ、ご紹介します。
角切りハム入りミネストローネ
野菜たっぷり簡単ミネストローネ
出典:クックパッド

ロースハムの和風マリネ
ロースハムの和風マリネ。
出典:クックパッド
チャンプルー
ご飯がススム!キャベツチャンプルー☆
出典:クックパッド
角切りハムのポテトサラダ
✿角切りハムのポテトサラダ✿
出典:クックパッド
チャーシュー丼
ハムの詰め合わせで作るチャーシュー丼
出典:クックパッド

お歳暮のハム美味しいと評判の人気商品


創業1946年の美味しい豚を育てる牧場のサイボクハムの商品です。
ハムやベーコン・ウインナーの豪華詰め合わせなので、朝食にも夕食にも毎日食べてもらえる内容なので、口コミ評価がとても高いんです。

・ローストハム200g
ゴールデンポークという銘柄豚を使用したロースハム。
適度な脂がロースの柔らかさにマッチしています。

・ポークソーセージ230g
何も付けなくてもさっと焼くだけでご馳走に早変わり!

・あらびきソーセージ230g
粗挽き肉を使用し、練りこんだスパイスがよく効いています。

・ベーコン200g
焼かずにそのままでも頂けるベーコン。
厚切りでもスライスでも美味しく、用途は広く使えます。

・あらびきウインナー56g
ドイツDLG国際商品品質競技会で連続してメダルを受賞している逸品です。

・ポークウインナー56g
ゴールデンポークと天然羊腸を使用した、販売以来絶大な人気を誇る商品。

・ピザウインナー56g
チーズ入りの粗挽き肉を使用したウインナー。
焼くと中からチーズがとろ〜っと、溶け出します。

・ホワイトウインナー56g
スモークしていないので皮が柔らかく、ふんわりしたウインナーなので、お子さんにも食べやすいです。

安心して食べられるように保存料が入っていないので、賞味期限は短めの14日間。
でも、ロースハム以外は冷凍保存出来るので、使いたい時に使ってもらうことが出来ます。

口コミをまとめました!

・毎年お歳暮の定番で送って喜ばれています。安心して送れる商品だと思います。・いつも食べているハムは、塩味が強く感じられていましたが、こちらは塩味も薄めで美味しくいただけました。

・サイボクハムは何度も食べた事があり、大変美味しいハムです。グルメの方へのお歳暮には最適です。

・いつも送り先から喜ばれます。お子様がいらっしゃると朝食やお弁当にも使えて便利なようです。

・よくサイボクの店舗に行きソーセージなどを買って食べていたので、味には絶対の信頼がありました。送り先にも大変喜んでもらえました。

さいごに

今回私が紹介したハムは、ベーコンやウインナーなどとセットになっているので、その分更に幅広く使えます。
お歳暮として送っても喜んで貰えるのは間違いないと思います。
ハムも自分では普段買わない高級品だからこそ、夕食のメインおかずにもなりますし、アイディアさえ浮かべば重宝してもらえます。
特に送り先のお相手が料理好きな方なら絶対喜んで貰えると思うので、安心して選んで大丈夫です(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする