裏起毛タイツスッキリ見える着圧タイプは?毛玉・かゆみ対策におすすめは?

裏起毛タイツって、暖かいけどちょっと太って見える心配がありますよね。
私なんかは、ぽっこりお腹が気になります(笑)
そんな場合にスッキリ見える着圧タイプをおすすめ!しかも最安値だと思います!!
そして、タイツを履いてしばらくすると毛玉が気になってくることや、裏起毛タイツを履くとかゆいという人も結構いますよね。
ここでは、毛玉が出来にくい裏起毛タイツや痒くなりにくいタイツをご紹介します。

裏起毛タイツで着圧タイプは?

お腹まわりをスッキリ見せたい人には裏起毛着圧タイプがおすすめ。
ぽっこりお腹を引き締めてくれて、綺麗なラインに見せてくれます。
ハイウエストなので腹巻効果もあり、お腹の冷えも防ぎます。
全面裏起毛なので、裏起毛タイツとしての保温は、体感温度が+3℃になるほど暖かです!

タイツ・ガードル・腹巻きの効果をこれ一つで叶えてくれるそんな商品です。

お値段もかなり安いので、まとめ買いして真冬に備えたいですね!

裏起毛タイツで毛玉になりにくいのは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GUNZE(グンゼ)/SABRINA(サブリナ)/110D相当ナイロン裏起毛(婦人)/SB89
価格:1188円(税込、送料別) (2018/10/12時点)

楽天で購入

グンゼのタイツは、滑らかで肌触りがとても良いのが特徴です。
素材は、ナイロン・ポリウレタンです。
ポリエステル素材が入っていると、毛玉が大変に出来やすい特徴があります。
特に太もも周りとつま先に出来ます。
ナイロンも全く出来ない訳ではありませんが、できるのはつま先程度で、太もも回りにはあまりできません。
毛玉が出来ることでお悩みならナイロンとポリウレタンで出来た裏起毛タイツがおすすめ。

裏起毛タイツがかゆい!という人にはこれがおすすめ!

1895年に設立し初めてタイツの製造に成功した伝統あるドイツの靴下メーカー。
設立当初から人間工学に基づく機能性を重視した物作りに徹し、素材開発にこだわり続けています。
ヨーロッパでもっとも定評のあるポピュラーなブランドで、デパートやセレクトショップでは必ず置いてある商品です。

心地良いフィット感と圧縮性が特徴のファミリータイツ。
厚すぎない生地は履き心地が抜群です。
デザインもオシャレで、コットンでできているので肌ざわりが良く、毛玉ができにくい商品になっています。
つま先からかかとまでフワフワの裏起毛になっているので、足先あったか。

素材は98%コットン、2%ポリウレタンです。

裏起毛タイツで痒くなる人は、ポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維が合わない場合や、肌が乾燥していると痒くなるので、コットン素材がおすすめです。

ちょっとお値段は張るけど、その分長く使えるタイツです。

さいごに

いかがですか?
毎日履くものなので、ストレス無く履きたいですよね。
暖かさやスタイルキープなら着圧タイプがいいですし、肌が乾燥している時はコットンもおすすめです。
私は、2種類持って使い分けをしたりしています。
是非、購入するときの参考にして下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする