オイルヒーターは木造住宅に効果ない?電気代は高いの?おすすめは?

オイルヒーターは元々ヨーロッパ諸国で広く普及していました。
日本でもここ何年かでかなり普及してきていますが、日本の通気性を重視した木造住宅にはあまり効果が得られないというような話しをよく耳にしますが、本当でしょうか?
そして、灯油を使わず電気で動かすオイルヒーターは電気代が高いという話もよく聞きますね。

今回は、オイルヒーターの疑問を解決すべくまとめてみました!
おすすめも紹介しています。

オイルヒーターは日本の木造家屋に効果ないの?

オイルヒーターは中に密閉されたオイルを電熱器で暖め、パネルが熱を発します。
暖められたパネルと室内の空気の温度差によって生まれる空気の自然な対流や、パネルから発せられる輻射熱で床や天井・壁をまず暖め、ゆっくり部屋全体を心地よい温度にする仕組みになっています。

なので、通気性を重視した日本の木造住宅には向かない、という話もよく聞きますね。
これはオイルヒーターに限らず、木造住宅は暖房効率が悪いと言われていました。
最近は、気密性の良い住宅が増え、断熱材を多く使用した木造住宅が多くなっているので、コンクリート製のマンションなどと変わらない位暖房効率は上がっています。

さすがに築30年以上経過した家だと厳しいですが、それ以降の住宅であれば問題ないです。
あとは、住んでいる地域によっても多少差があるかもしれません。
寒冷地の住宅は気密性をより高くしていますが、温暖地域の住宅は通気性を重視している場合もあります。
住んでいる家の構造を理解しておく必要もあるかもしれませんね。

オイルヒーターは、空気の自然な対流や壁や床を暖めてから部屋全体へ行き渡るので、冷気が発生する場所が多いと暖まりにくいかもしれません。
例えば、大きな窓がいくつかある、水道の蛇口がある、天井が吹き抜けになっている、などです。
寝室や子供部屋など、限られた空間の中の暖房アイテムとしてはもってこいだと思います。

オイルヒーターは電気代高いって本当?

オイルヒーターは電気で動くのと、消費電力が大きいので電気代が高くなると言われています。

確かに、オイルヒーターは電気代がかかります。
最大出力1,200Wのオイルヒーターを1時間連続運転すると、約30円の電気代がかかるので3時間以上使用しただけで100円超えです。
これだけを考えると、真冬の暖房器具として選択肢には上がらないですよね(~_~;)

でも、上手に使えばぐんと賢く便利に使えます。

例えば、オイルヒーターは一度暖めると熱が下がりにくいという特性を持っているので、電源を切ってもしばらく部屋の温度は暖かいままです。外出する1時間前位に電源を切ると、その分節約になります。

エアコンやカーペットなどと併用するとより暖房効率も上がります。
最初の部屋がしっかり暖まるまでは、エアコンを使い、暖まって保温する際にオイルヒーターに切り替える。
こうすることで、空気が乾燥しませんし、音もとっても静かです。

そして、オイルヒーターは輻射熱を利用するので、設定温度よりも体感温度は高くなります。
エアコンで、24℃位に設定するとしたら、オイルヒーターはそれより2〜3℃低く設定しても大丈夫なんです。

過剰に暖めて消費電力が高くなるのを防ぐ為に、設定した温度になると、センサーが温度を感知し電源のオン・オフを切り替える仕様になっている製品もあるので、そんな機能を活用しても節電になりますよ。

オイルヒーターならどれを選んだらいい?おすすめは?

じゃあ、オイルヒーターを選ぶならどんな機種を選べばいいの?と言う人におすすめを紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィングウェーブ オイルヒーター温度センサーコントロール【はぴねすくらぶ】
価格:10800円(税込、送料別) (2018/10/11時点)

楽天で購入

この機種だと、設置温度になると電源オン・オフ機能が付いています。
24時間のオン/オフタイマー付きで、1時間ごとに設定可能です。
ECO運転機能も搭載しているので、1450Wで10分運転し、600Wに切り替えて30分運転を繰り返します。
これらの機能を使うと、しっかり節電も出来ますね(^^)
そして、8〜10畳用なのでオイルヒーターの中では割と広い部屋まで対応しています。
広めの部屋まで対応している事も重要なポイントです。

お値段的にもオイルヒーターとしては手頃なので、おすすめです。

さいごに

オイルヒーターを選ぶ最大の魅力は、空気が汚れないことと、ストーブ自体が熱くならないことです。
乾燥しませんし、灯油を使うヒーターと違って換気も必要ありません。
メンテナンスもほとんど必要ありません。
なので、小さなお子さんが居ても安心して使えます。
使用するポイントさえ押さえれば、十分暖かく使えますよ(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする