生まれてウーモワォをクリスマスに!双子の違いと価格は?最安値で紹介

先日、小学校2年生の姪っ子に、クリスマスプレゼントで「生まれてウーモワォ」が欲しいと言われました。
私は初めて聞くおもちゃの名前だったので、「ウーモって何???」という感じだったのです。
生き物のお世話が出来るおもちゃでほんとの卵から生まれるんだよ、と聞き、へぇ〜面白いなぁ!と思い、調べてみたのです。
そしたら、今幼児〜小学校3年生位までがドハマりする大人気おもちゃだったんですね。
クリスマスまでに準備したい、生まれてウーモワォについてまとめました!

生まれてウーモをクリスマスプレゼントに!どんなおもちゃ?

2016年10月にタカラから発売された「生まれてウーモ」は大ヒット!
翌年「生まれてウーモワォ」が発売されました。
コミュニケーションを取ることで『タマゴ』→『孵化』→『ベビー』→『キッズ』→『ジュニア』とステージが進んでいきます。

卵を撫でたり、コンコンとノックしたりすると、卵が光って反応してくれます。
光の色によって色々な感情を表現しています。
更に逆さまにすると喜んで声を出したりも!
卵状態で30分から1時間程コミュニケーションをすると、いよいよウーモが卵を破って外に出てきます。
元気よくガリガリと卵の殻を割って出てくることもありますが、
途中で休んだりしながら殻を破って中々出てこない事もあるので、そんな時は人間の手で取り出してあげましょう。


「生まれてウーモ」と「生まれてウーモワォ」は、卵の大きさの違いと、ウーモが2体入っているか1体かの違いがあります。
ワォは、双子なんです。
それにワォは『ピンク&イエロー』と『ブルー&パープル』の2種類ありますが、色と見た目がちょっと違うだけで機能的には違いはありません。

生まれてウーモワォの双子の違いはあるの?

2体のウーモにはそれぞれに個性があって、できることが違います。

片方のウーモはダンスが得意で、もう片方のウーモはおしゃべりが好きといった感じで個性・特徴があります。
片方がリズムに合わせて踊ったり、もう片方は飼い主の声のものまねをしたりするといった遊びができます。
お世話をする過程で、ハッピバースデーの歌が流れてベビーからキッズ、キッズからジュニアへと成長していくのです。
(見た目は変わりません)

生まれてワォの機能として、
向かい合わせにすると片方がハローと言って挨拶し、もう片方が返事をします。
ウーモ同士でおしゃべりしたり、一緒にお芝居をします。
ウーモ同士で、ハモって歌を歌います。
片方のウーモが歌う唄に合わせて、もう片方がダンスをします。

二匹でコミュニケーションをとってくれる所が何とも可愛いですよね。

生まれてウーモワォ双子の価格は?

うまれてウーモワォの価格は9800円(税抜き)になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うまれて!ウーモ ワォ ピンク&イエロー ( 双子 HATCHIMALS )
価格:9880円(税込、送料無料) (2018/10/10時点)

楽天で購入

楽天だと送料込でお安い価格になってましたよ。
クリスマス近くになると、売り切れでどこに行っても品薄になるので、早めに購入しておくのがいいかもしれません。去年は、整理券まで配布して販売するお店もあったくらいの人気ぶりだったようですから(~_~;)

さいごに

結構お値段が張るので、だいぶ勇気のいる買い物になりますね。
でも、生き物が生まれてくるのは簡単ではないこと、成長するということは出来ることが増えること、お世話することの楽しさなどを体験できるおもちゃなので、子供にとって有意義ではないかなと思います。親子でも楽しめそうですよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする