もち麦はダイエットに効果ある?やり方は?おすすめを公開!!

ここ数年知名度がグっと上がっているもち麦。
もち麦とは、もち性の大麦です。
穀物の中でも食物繊維の含有量が多く、プチプチとした食感が特徴です。
食べごたえがあるので、ダイエットとしても最近よく使われていますね。
もち麦のダイエットとしての効果は実際あるのでしょうか?
正しいやり方はどんな風にしたらいいのでしょうか?
まとめてみました!

もち麦のダイエットとしての効果は?

もち麦の食物繊維は水溶性食物繊維不溶性食物繊維があり、大麦の中でも特に豊富に含まれています。
中でも水溶性食物繊維が多いようですね。
その食物繊維の多さは、精白米の20倍、玄米の3倍もあり、ごぼうやキャベツ、さつまいもなどと比べてもダントツの多さです。

水溶性食物繊維は水に溶けやすく、胃腸のなかをゆっくりと移動し食べ過ぎを防いでくれます。
食べた時の血糖値の上昇が緩やかなので、満腹感も長く維持できます。

逆に、不溶性食物繊維は水に溶けず、腸内の有害物質が腸に長く留まるのを防いでくれます。

もち麦は水溶性食物繊維の一つであるβ-グルカンが多く含まれています。
この特徴は、糖質や脂質の吸収を抑え、コレステロールを体外に排出します。
体脂肪の蓄積を防いでくれるのです。
なのでダイエットに向いているんですね!

他にも、腸で善玉菌を増やしてくれるので整腸作用があり、便秘解消に。
腸内環境が良くなると免疫力アップにもなりますし、アレルギーにも効果が期待できます。

ここで便秘気味のダイエッターさんには注意が必要です。
もち麦ばかり食べても根本的には便秘解消できないのです。

腸の動きを活発にしてくれる不溶性食物繊維を水溶性食物繊維の2倍摂り、一緒に組み合わせて食べることが大事です。

もち麦は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が4:6で含まれていますからね。
なので他の不溶性食物繊維豊富な食べ物も摂る必要があるのです。
不溶性食物繊維が多く含まれている食べ物は豆・おから・きのこ類・ごぼう・さつまいも・切干大根などがあります。
上手に組み合わせて食べると、ぐんとお通じは良くなります。
便秘解消できると代謝が上がるので、痩せやすい体質にもなりますよ。

もち麦ダイエットのやり方は?

もち麦をどのように食事に取り入れるか。
一番手軽なのは、お米を炊く時に白米と1:1で混ぜて炊くことです。
お水の量は、2合と3合の間まで増水します。
浸水時間はいつも通りで大丈夫です。

これを朝ごはんに頂くのがおすすめです。
β-グルカンは最初に食べた食事と次に食べた食事の血糖値の上昇を抑えてくれます。
そして、一日分の糖質の吸収を抑えることにも繋がるのです。

味としては、プチプチと弾力があり香ばしい香りもします。
よく噛むようになるので、満腹感も少量で得られるのも利点だと思います。

もち麦ダイエットのおすすめは?

色々私ももち麦を試してみましたが、こちらのが無添加で美味しかったです。

さらに同じメーカーから、寒天パウダーも頼んで、こちらもお米2合に対して小さじ1杯入れて炊いています。
ふっくらつやつやご飯になるだけでなく、寒天の食物繊維まで取れるので、さらにダイエットには効果有りだと思います!!味は全く変わらないですよ(^^)

さいごに

私は、ダイエット目的でもち麦を始めた訳ではなかったですが、食べてしばらくするとお通じは確かに良くなりましたよ!
あとは、満腹感はすごくあるので、ご飯以外の間食はしなくなるかもしれないですね(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする