ルイボスティーの効果で頭痛に効く?オーガニックとの違いとおすすめは?

偏頭痛って辛いですよね。
一度起こると中々治らないですし、安静にしたり横になっていたり、暗い場所にいないと症状が緩和してきません。
私ももう20年近く偏頭痛で悩んでいました。
でもある時、妊娠をきっかけにノンカフェインのルイボスティーを飲み始めたら、頻繁に起こっていた頭痛がほとんど起こらなくなってきました。
そこで、ちょっと調べてみると、ルイボスティーで頭痛が緩和している人が他にもいたようなんです。
なぜ頭痛でルイボスティーが良いのか、まとめてみました。

ルイボスティーの効果で偏頭痛に効く?!

ルイボスティーを飲んで、偏頭痛が緩和される人も多くいるようです。
私もその一人で、あれほど毎日起こらないかビクビクしていたのに、気づいたら起こらなくなっていました。
でもなぜなのでしょうか?
それには、いくつかの成分が関係していました。

フラボノイド

ルイボスティーには、活性酸素過酸化脂質除去物質であるフラボノイドが非常に多く含有されており、お茶100g中38mg含まれているそうです。鎮痛作用があるとされていて、頭痛にも効果が期待できるようです。

ミネラル

よく現代人はミネラル不足に陥りやすいのですが、特に偏頭痛になりやすい人は、マグネシウムが不足している事が多いです。
ルイボスティーはその点、ミネラルの宝庫と言われていてマグネシウムも豊富に含まれています。
食物で言うと、こんぶやひじき、大豆などに多く含まれていますが、食物で毎日摂取しようと思うと中々続かなかったりします。
お茶なら毎日飲みますし、続けやすいですよね。

他にもルイボスティーにはビタミンB1・2なども含んでいるので、それらも頭痛緩和に力を発揮しているようです。
ビタミンB1・2は、レバーやうなぎ・マグロ・豚肉などにも含まれている成分で、元気の源にもなります。
根本的な健康維持にも一役かってくれそうですね!

ルイボスティーのオーガニックとそうでないものの違い

私は妊娠中から飲んでいたので、健康を考えてオーガニックのルイボスティーを飲んでいました。
この、オーガニックとそうでないもの、オーガニックのものの方がイメージはもちろんいいですが、具体的にどう違うのでしょうか?

認定オーガニックルイボスティーには、合成肥料・除草剤・農薬などは一切含まれていません。

合成農薬を使用したものは、先天性欠損、神経系への損傷など、人々に重大な健康リスクをもたらすと言われています。
さらに、様々な発がん性があるとも言われているので、やっぱり健康のために飲むのですから、オーガニックが安心と言えますよね。

「有機JAS認定マーク」のマークが一つの指針と言えるので、パッケージに入っているものを選ぶようにすると良いと思います。
こんな感じのマークです。

s-jasマーク

ルイボスティーオーガニックのおすすめは?

南アフリカ共和国の広大なルイボスティー農園で厳しい品質管理の元栽培された茶葉を直輸入しているメーカーがあります。
TIGERのルイボスティーです。
こちらのルイボスティーは、苦味がなくてまろやかだと思います。

お茶にも採取する部分で、香りや味わいが変わってグレードが違うそうですよ。

枝の先端の部分を1番刈りしたのが”スーパーグレード”。
南アフリカの強烈な太陽の日差しが直に当たるので、風味が豊潤でまろやかです。
ポリフェノールや他の栄養成分も豊富に含まれています。
ルイボスティーの木の上の部分だけなので、希少価値が高いお茶になります。
木の幹や茎部分に近くなるほど栄養成分も落ちて、味にも苦味が出てきます。

ルイボスティーの種類に、生葉のルイボスティーがあります。
これは、緑茶のように茶葉を収穫してから工場で蒸して発酵を止めます。
あえて発酵を止めることで、有用成分のフラボノイドや抗酸化成分が沢山含まれるそうです。
頭痛や健康を考えるなら、生葉ルイボスティーがおすすめです。

もう一つプレミアム・ルイボスティーというものもあります。
これは茶葉を収穫後、発酵させます。
ルイボスティーの中でも最上グレードの茶葉を使っていて、ルイボスティーの香りが良く楽しめるお茶です。
お家に来たお客さんにも出したいお茶ですね。

さいごに

夏は冷やしても美味しいルイボスティーです。
子供も飲みやすいので、みんなで飲めると思います。
なるべくお薬に頼らないで、自然なもので健康を維持していきたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする